本文へスキップ

Fujiidera International Friendship Association

2012年4月の記事ARTICLE



キウィズ(KIWIS) 春のお花見の集い(2012年4月23日掲載)

「花より団子?!」
恒例のお花見を、4月1日(日)、梅が園公園でおこないました。今年は、寒さで開花が例年より遅れたため、当日も肌寒く、桜の木の下で気を揉んでじっと眺めても、睨んでも、つぼみは開いてくれませんでした。急きょ会場を野外でなく、梅が園会館の室内に移動し、「花より団子の集い」に切り替えました。メンバーと一緒に料理したちらし寿司やサンドイッチ、そして参加の皆さんから差し入れてもらったフルーツ、みたらし団子、ドーナツ、お菓子などを真ん中に、賑やかなひとときをすごしました。集まったのは新1年生の高校生から、学生、社会人、子育てママと幼児たちと協会の役員ら合わせて38人。その中には、3組のファミリーが可愛いお子様を連れで参加し、保育所のような微笑ましい場面もありました。ニュージーランド派遣からそれぞれの年月が過ぎ、成長した姿があり、室内だったので、みんなが一つにまとまって話ができ、みんなの話を聞くことができました。桜花よりも一足早いお花見になりましたが、会話の花が満開で、楽しいお花見の集いでした。

 

 

 


「藤井寺市国際交流協会派遣事業20周年記念誌」発行(2012年4月28日掲載)



本記念誌は76ページからなる厚めの冊子で、協会関係者と多くの元派遣生(KIWIS)およびパパヌイハイスクール(ニュージーランド)の関係者の言葉と写真が掲載されています。

ニュージーランドのスケジュールと体験者の感想 (広報藤井寺2010年10月号より)
ニュージーランドでの様子と体験者の感想 (広報藤井寺2009年10月号より)

■青少年海外派遣事業

国際性豊かな人材の育成を目的に、藤井寺市と藤井寺市国際交流協会が実施してきた青少年海外派遣事業は発足以来二十年の長きにわたって、次世代を担う子供たちを国際人として育てるために継続されてきました。数名程度の藤井寺市在住の中学生を選考によって選抜し、夏休み期間中に2週間前後ニュージーランド・クライストチャーチ市に派遣してまいりました。現地では、初めの3年間はヒルモートンハイスクールに、その後は中高一貫のパパヌイハイスクールに通学し、現地の人々の家庭にホームステイし、同世代の外国人やホストファミリーとの交流を深めながら、一回りも二回りも成長して帰ってきました。彼らは帰国後「KIWIS」というグループに所属し、交換事業のお手伝いや独自の活動を続けています。

■上田晃之氏のあいさつの言葉から抜粋

【青少年海外派遣事業」が20周年を迎えさせていただきますこと、心より感謝申し上げます。市内在住の中学生を対象にしたこの事業は、当時海外旅行が初めて、ホームステイはもちろんのこと、学校での授業等問題は山積みでした。20年の間に少しづつ・・・今では大きな感動と素敵な笑顔を、一杯いっぱいお土産に帰国してくれます。なんの偏見も固定概念もない一生に一度の貴重な時に、中学生が言葉や風習の違う異国で2週間過ごすなかで、それぞれ「こころ」や「思い」より「心くばり」や「思いやり」をかたちに大切なものを肌で感じ、体験し、今では各方面で活躍してくれています。自慢の子供たちです。この事業には計り知れない魅力があります。我々大人の責任として、また国際交流を通じて、未来を担う人作りになることを願っております。この事業が、末永く継続できますようご理解ご支援賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

■パパヌイハイスクール デニス パヤット校長の言葉から抜粋

これまで20年間に164名の生徒たちが日本からクライストチャーチを訪れ、パパヌイハイスクールで学び、クライストチャーチのホストファミリーと過ごしてきました。生徒たちは立派な日本の親善大使として、両市の国際理解を深め、意識向上のために貢献してきました。
ここ20年間のあいだに、パパヌイハイスクールの生徒たちも多数、藤井寺市を訪問しました。
彼らもまた二つの市の絆を強くする役目をはたしてきました。
このような生徒たちは、日本人もニュージーランド人も、貴重な体験を通して大きく成長しています。みんな交流活動を楽しみ、その想いは彼らにとって生涯忘れえぬものになるでしょう。



このページの先頭へ


藤井寺市国際交流協会

〒583-8583
藤井寺市岡1-1-1
藤井寺市役所地域振興課内
藤井寺市国際交流協会事務局

TEL 072-939-1050

icon 藤井寺市公式ホームページ

icon 藤井寺市からの最新情報(10件)

SEO対策 e-search

●当サイトへのリンクは連絡不要です

●本ホームページをブラウザの
 お気に入りに登録するボタン

 

●Twitterの「ツイートボタン」
 
inserted by FC2 system